初心者の画家のためのペイントアプリケーターのヒン

初心者の画家のためのペイントアプリケーターのヒン

初心者の画家のためのペイントアプリケーターのヒン

 

ペイントアプリケーターには、3つの基本的な形式があります。ローラー、ブラシ、パッド。最近、インテリアに大きな関心が寄せられているようです。それは、それらの自分で飾る雑誌や本のすべて、そして無数のテレビの家の変身プログラムによって活気づけられてきました。ここでは、DIYペイントプロジェクトを開始するためのヒントをいくつか紹介します。

初心者の画家のためのペイントアプリケーターのヒン

ペイントローラー

ローラーは、溶剤型塗料と水性塗料の両方で使用できます。ブラシよりもはるかに速くペイントを適用し、広い領域をカバーするのに最適です。それらは、さまざまな目的に合わせて、さまざまなサイズとテクスチャで利用できます。テクスチャの濃い効果にはロングパイルローラーを使用し、テクスチャの薄い壁や滑らかな壁にはミディアムレングスのパイルを使用します。
新しいローラーを使用する前に、温かい石鹸水に数時間浸して、仕上げを損なう可能性のある緩んだ繊維を解放して、新しいローラーを準備します。それらを使用する前に、それらを完全にすすぎ、乾燥させてください。
専用のペイントトレイからローラーをセットする必要があります。ローラーをペイントリザーバーに軽く浸し、トレイのリブ部分にそっと転がして均一にコーティングします。
ローラーでペイントするときは、ジグザグのストロークを使用して、あらゆる角度から表面を覆うようにします。
床や隣接する表面全体に塗料をスプレーしないように、ストロークの終わりにローラーを回転させないでください。
ローラーハンドルに延長ハンドルを取り付けて、天井や壁の上部に届くようにします。
ローラーで壁や天井をペイントする前に、ローラーの端がそのような小さなスペースに完全に届かないため、最初に小さな絵筆を使用してコーナーとエッジを切り込みます。

ペイントブラシ

ペイントブラシを使用する場合は、注意すべきことがたくさんあります。
安価なブラシは毛を落とすためにテントを張るので、壁や天井をペイントするための高品質のブラシを選択してください
幅が約8インチのブラシを使用すると、最も速くカバーできますが、ペイントに慣れていない場合は、使用時に手首がすぐに疲れます。作業が完了するまでに少し時間がかかる場合がありますが、幅6インチのブラシと、端を切り込むときに使用する幅2インチのブラシの方が使いやすい場合があります。
新しく購入したブラシの毛を手のひらでこすり、ほこりや毛を取り除きます。
新しい絵筆を使用前に亜麻仁油に24時間浸すと、作業がしやすくなり、掃除もしやすくなります。ただし、ペイントを開始する前に、ホワイトスピリットでオイルを除去する必要があることに注意してください。
プロのデコレータはペンのようにブラシを保持しますが、重要なことは、最も見つけやすい方法でブラシを保持することです。

初心者の画家のためのペイントアプリケーターのヒン

快適。

ブラシで壁をペイントするときは、上隅から始めます。右利きの場合は、右から左に、またはその逆に作業します。部屋は、天井から始めて、壁、ドア、窓枠、最後に幅木まで、上から下にペイントする必要があります。
一度に約2平方フィートの領域をペイントします。エマルジョンペイントを使用している場合は、水平方向のバンドでペイントします。溶剤ベースのペイントを使用している場合、垂直のストリップにペイントすると、接合部が表示されにくくなります(つまり、ウェットエッジをすばやくブレンドしない限り)。
休憩する前に必ず壁の塗装を終了してください。そうしないと、異なる時間に塗装された領域に目に見える色調の変化がある場合があります。
白いペンキでのみ使用するために、ブラシまたはパッドとローラーのセットを保管してください。これは、ブラシをどれだけ徹底的に掃除しても、以前に使用した色のついた絵の具の残骸が、常に新しく塗られた白い絵の具に付着してしまうためです。
ブラシの最初の3分の1だけをペイントに浸します。ブラシをオーバーロードすると、ペイントのドリブルが発生します。ペンキがブラシの根元にぶつかると、毛が台無しになります。

ペイントパッド

ペイントパッドは、大きくて平らな表面にペイントを適用するように設計されており、独自の特別なペイントトレイが付属しています。 短いモヘア繊維で覆われた長方形の面は、プラスチックフォームで裏打ちされています。これにより、パッドが粗い場合でも、常に壁の表面に接触します。
ペイントを適用するには、最初にパッドをペイントトレイ全体に描画してロードし、次にパッドを壁に対して穏やかに均等にスイープします。 通常、パッドは任意の方向に移動できますが、エマルジョンペイントを使用する場合は、交差するストロークを使用してください。 溶剤ベースの塗料を使用している場合は、縞が残らないように垂直方向のストロークで仕上げます